ふなはし眼科

光干渉断層計(OCTスキャナー)

光干渉断層計(OCTスキャナー)


正常な黄斑部OCT画像
弱い赤外線を眼底に当て、その組織からの反射波を解析して網膜の断層を画像にします。
患者さんには接触しないので負担も少なく、黄斑浮腫などの腫れの程度や
治療効果を確認することができます。

ほか、黄斑円孔や網膜変性疾患など、網膜に関する疾患や、
緑内障などで視神経繊維の状態を調べることに役立てています。

↓

眼に何らかの異常があり、網膜が腫れたり、穴が開いたりすると
下図のような検査結果になります。


黄斑円孔 黄斑浮腫 糖尿病黄斑浮腫

その他の使用機器はこちら