ふなはし眼科



  眼に入ってきた光は角膜・房水・水晶体・硝子体といわれる組織を通過し、網膜に到達します。
  この組織はそれぞれが透明であるために、外からの光はさえぎられることがありません。




  白内障になると、この透明な水晶体が白く濁ってしまうことで、外界からの像が網膜に
  綺麗な焦点を結ぶことができなくなり、「見にくい」などの症状を起こします。








  いろいろな原因で起こりますが、多くは加齢によるもので『加齢性(老人性)白内障』と
  呼ばれています。

  これは白髪などと同様にタンパク質が変性して眼の中の『水晶体』が白く濁ってきます。
  この他にも『糖尿病』 『アトピー性』 『先天性』 『外傷』などが原因となることがあります。







  白内障でもっとも多い症状には「眼がかすむ」「見にくい」といった症状があります。
  ですが、『眼の中にあるレンズの曇り』の程度により、「かすみ」「見づらさ」にも
  個人差があります。

  濁りが強くなればなるほど「かすみ」「見づらさ」は強くなりますが、この症状は 
  白内障以外でもおきる症状ですので、自己判断しないで最寄りの病医院で 
  白内障の有無やその程度、他の眼の病気がないかといった検診をお勧めします。






  加齢性白内障は老化現象に伴うものですが、全ての人がなるわけでなく、個人差があります。
  つまり、80歳代でも症状の出ない人もいれば、40歳代でも症状の現れる人が
  いることになります。

  一般には年齢層が高くなればなるほど増え、80歳代の人ではほとんどの人に
  水晶体の濁りがあるといわれています。






  まず、進行予防薬とされている『目薬』を使用します。
  しかし、この目薬は初期の頃の白内障には有効であるとされていますが、
  一度濁った水晶体をまたもとのような透明に戻すことはできません。

  目薬を使用しながら状態を観察し、生活に支障をきたしてくれば手術療法をお勧めします。






  現在の眼の状態や、身体の状態を調べるために手術の前に様々な検査を行います。
  調べた結果から取り除いた水晶体の代わりに入れるレンズの度数を決めます。






  以前はメガネをかけた視力(矯正視力)が0.5以下程度になると手術を勧めていましたが、
  最近では車の免許取得などの理由で0.5以上の矯正視力があっても
  手術が必要となることもあります。






                 
      
まず、目薬で麻酔をします。
水晶体の前側の薄い膜を
少しはがします。
水晶体の中の硬く、濁った部分を
超音波で取り除きます。
眼内レンズを挿入します。

実際の手術の時間はおよそ15分くらいです。






以前は入院しての手術が多かったのですが、最近は日帰り手術がほとんどです。
午前中に来院していただき、夕方には帰宅できます。

その後は、いくつかお願いすることもありますが、数日で通常の生活を送れるようになります。




TOPページへ戻る