使用機器

TOP ページへ戻る
超音波を使用し、
眼球内部の状態の把握や、
眼の長さを測ります。

○静的視野計

○動的視野計

視野(視界の広さ)を
測ります。
眼を診るための
精密な顕微鏡

眼圧(『眼球』の硬さ)
を測ります。
患者さんそれぞれに異なる
遠視・近視・乱視の程度や、
視力検査に使用する
レンズの強さがわかります。
●超音波眼内診断装置
  網膜剥離、硝子体出血などの診断、
  眼内レンズの度数決定に使用します。
●自動視野計
  緑内障、網膜疾患、視神経疾患などの
  診断に使用します。
●細隙灯顕微鏡
  結膜炎、角膜炎、虹彩炎、白内障などの
  診断に使用します。
●空気眼圧計
  緑内障の診断に使用します。
●主な検査機器

眼科の使用する検査機器ってどれを見ても同じような形をしています。
ですが、それぞれの機械によって計測する内容は異なります。

●オートレフラクトメーター
  屈折異常の診断に使用します。




●主な治療機器
   ●超音波白内障手術装置
     白内障、眼内レンズ移植の手術に使用します。

   ●レーザー光凝固装置
     糖尿病性網膜症、網膜静脈血栓症、緑内障などの
     治療に使用します。

   ●手術用顕微鏡
     白内障、緑内障、角膜移植などの手術に使用します。

   ●自動血圧心電図測定装置
     手術中および手術後の全身管理に使用します。

   ●全自動高圧蒸気滅菌器
     手術道具、検査道具の消毒に使用します。

手術用顕微鏡
(ドイツ カールツァイス社)
レーザー光凝固装置
(ドイツ カールツァイス社)
眼の奥の内部の写真を
撮影します。

●眼底カメラ
  網膜疾患、視神経疾患などの
  診断に使用します。